グラネスネクストは腰にも使えるマッサージ器!

グラネスネクストに興味を持っている方は「首肩専用のマッサージ器でしょ」と思っているかもしれませんが、実はそんなことありません。確かに元々は首肩専用のマッサージ器としてグラネスファーストが販売されていましたが、決して首や肩だけにしか使えないマッサージ器ではないのですよ。

 

首や肩に使うときに使いやすい形状をしているだけで、使いたいと思えば腰や太もも、ふくらはぎなどにも使うことができます。

 

なので、首から下の部分であれば全身に使うことができますから本格的なマッサージを部分的ではありますが、全身で味わうことができるのですね。

 

考えようによってはマッサージチェアがコンパクトになって使えるようになったととらえることもできますから、大きなマッサージチェアをわざわざ買わなくてもグラネスネクストさえあれば全身マッサージを体験することもできますよ。

 

グラネスネクストは医療機器認証されていますから、筋肉疲労の回復や神経痛の改善などの効果も期待できます。腰に痛みを感じている方の多くが腰周りの筋肉が凝り固まっていることだったり、血流が悪くなって神経を圧迫していることなどが考えられますから、グラネスネクストを腰に使うことで症状を緩和させることができるかもしれません。

 

グラネスネクストは首や肩だけでなく、腰にも使えるマッサージアイテムなのですよ。

腰に使うときの注意点はあるの?

グラネスネクストは腰やふくらはぎなどにも使うことができますが、主に首や肩に使うことを想定したマッサージアイテムとなっていますから、腰などに使うときに何か不具合が出てくるかもしれないと考えるかもしれません。

 

そこで、グラネスネクストを腰などに使うときに注意して欲しいことを事前に知っておきましょう。

 

…とは言うものの特に注意するべきことはないのですよね。首や肩に使っているときと同じように使えば問題はありませんし。

 

ただ、注意とまでは言いませんがやはり首や肩で使うことを想定しているので、腰やふくらはぎに使おうとするとフィット感はありません。

 

 

腰に使おうとするとサイズがちょっときついので男性の場合は左右一か所ずつ気になる部分に揉み玉を当てるようなことになりますし、ふくらはぎに使おうとすると反対にサイズが緩いので女性の場合は上手く揉めない可能性はあります。

 

何も気にせずに快適に使えるかという面では首や肩に使うときのようには快適に使えませんが、それでも使ってみるとやっぱり気持ちいいですし、使えないということはないのでいろんなマッサージ器を買うくらいならグラネスネクストを一つ準備しておく方が賢いでしょう。

 

グラネスネクストで全身のケアをしてあげてくださいね。