原因不明の不調はスマホ首が原因?

スマホは日常生活で欠かせないものになっていますが、必要以上に使用してしまうことも多いですよね。例えば、ゲームやアプリをついついやり過ぎてしまって気が付いたら1時間や2時間もずっとスマホを使い続けるなんてことがあるかもしれません。

 

スマホを使い続けている方に多いのが原因不明の体調不良。特に思い当たる節がないのに何となくだるさを感じるのはストレスもたまりますし、周りの人にはあまり理解されないので辛いことも多いです。

 

こういった原因不明の体調不良は「不定愁訴(ふていしゅうそ)」と言われていて、多くが自律神経失調症の症状とされるのですね。

 

自律神経の乱れは食生活のバランスが悪かったり、睡眠をしっかりとれていない、運動不足など様々な原因がきっかけで起きるのですが、それらに共通しているのが身体や心にストレスを感じることなので、自律神経失調症の原因は広義的にはストレスが原因と診断されます。

 

ただ、そのストレスの発端がスマホの使い過ぎによるスマホ首であることも考えられるのですよ。

 

スマホを使っているとき、うつむいた姿勢でいると思いますが、その状態がずっと続いてしまうと筋肉が凝り固まってしまい、首の筋肉が異常な状態になってしまうと副交感神経が乱れてしまい、結果として自律神経失調症になってしまうことがあるのですね。

 

首がこることで起こる体調不調としては頭痛やめまい、うつや更年期障害、眼精疲労やドライアイなど様々な疾患があります。

 

スマホをずっと使い続けることで首に負担がかかり不調を起こすことでスマホ首と言われているのですが、現代の生活習慣病にもなっていますし、スマホの使い過ぎは首だけでなく身体全体に悪影響を与えかねませんから、しっかりと対策をすることが必要ですよ。

スマホ首と上手に付き合うことが必要

スマホ首になってしまい、症状が進行すると病院に通ったり、症状が重い場合は入院が必要になってくるケースもあります。ですので、しっかりと対策を取るようにしましょう。

 

スマホ首の一番の対策はスマホを使わないことですが、現代社会でスマホは手放せないものになっていますし、現実的ではありませんよね。

 

スマホがないと生活に支障が出てしまうものになっていますし。

 

だとするのなら、スマホ首にならないようにするのではなく、スマホ首に対してしっかりと対応していくのが現実的な解決策になるでしょう。

 

体調不調が起きる原因が首がこることにあるのなら、首がこった時にしっかりとほぐしてあげられれば大きな問題になることはありませんよね。ですのでしっかりとマッサージをしてケアしてあげることが大事になります。

 

マッサージ店に行ってマッサージしてもらうのは理想的ではありますが、さすがに毎日通うのは金銭的にも時間的にも無理がありますし、週に一度ケアしてもらうよりも、短くても毎日ケアした方が効果的です。

 

そう考えるとマッサージ器でケアしてあげるのが現実的でかつ効率が良い対策方法と言えるのではないでしょうか。

 

マッサージ器というと気休めの効果しかないと思っている方もいたりしますが、医療機器認証された本格的なマッサージ器を使えば効果効能の表示が認められているのでこりや神経痛の緩和も期待できます。

 

このサイトで紹介しているグラネスネクストはまさにその医療機器認証された首肩マッサージャーとなっていますから、自宅でも本格的なケアをすることができますし、好きなタイミングで使うことができますよ。

 

もしスマホ首が原因で頭痛やめまいなどの体調不調が起きているのならマッサージ器を使ってしっかりと首のこりをほぐしてあげてください。

 

毎日ケアしてあげることでスマホ首とも上手に付き合っていけるようになりますよ。